お、ちっちゃいものブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お、ちっちゃいものブログ

真面目なことや不真面目なことを書きます

保育所「落選」が3.9万人って

認可保育所などへの今月4月入所を申し込み、1次先行で受け入れが足りず「落選」したとみられる0~2歳児は、東京23区や政令市などで少なくとも約3万9千人に上ることが2日、共同通信の調査で分かった。施設整備は進んだものの、保育需要の伸びが上回り、前年より約2400人増えた。

 

集計方法が異なるため、そのまま待機児童にはカウントされないが、東京23区では3人に1人が選考に漏れる激戦。「保育園落ちた」との匿名ブログをきっかけに政府が昨年、緊急対策を打ち出したにもかはかわらず、調査した自治体の約9割で受け入れ枠が不足し、状況は依然厳しい。

(引用元:共同通信 47NEWS)

 

 

緊急対策を打ち出しといて、前年比2千人はあかんなあとおもう。

 

保育だけに限らないけど、箱だけ増えてもしょうがないですよね。人が用意できないことには。

 

保育士の魅力、介護士の魅力って落ちてきてますよね。みんな粗捜しばっかりするからじゃないですか

そこを考えてほしいなあ。

 

せめて保育園以外の窓口を増やすとかね!

個人でベビーシッターする人を増やしまくるとか。一時的な解決策だけど

 

子ども産んだ!→仕事休まなければ!

の図が減る気がするなーー

 

 

国はもう保育施設建てるとかは、民間にお任せしまくって、0、1歳児は家庭で育てるようにする。みたいな政策をつくる側にまわってみるのはどうでしょうか?

 

 

お金の問題というより、アイデアとか、やる気がないな!これは

 

 

まあ、言うのは簡単。

あくまで個人の見解。

 

そしてぼく、

保育士やめた立場ですが

 

広告を非表示にする