お、ちっちゃいものブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お、ちっちゃいものブログ

真面目なことや不真面目なことを書きます

バレンタインデーに100%チョコをもらう方法

バレンタインのチョコを貰えなかった人のイラスト

終わりましたね、今日は2月14日。

 

チョコレートもらえなかったなあ。

 

でも、もしかしたら明日もらえるのかもなあ。

恥ずかしくてあの子、渡せなかったのかもなあ。

 

なんて思っている人、いるでしょう。宣言します。

 

 

絶対もらえないです

 

 

今年はもう諦めてください。なんてったって絶対もらえないですから。

 

そこで、しょんぼり顔の男性諸君に提案します。

 

来年の2月14日バレンタインに向けて、チョコをもらえるように、

今から1年、準備しませんか?

 

 

これから伝えるたった8つの方法を実践すれば、今年0個でも、来年には確実に10個もらえることを約束します。

逆に実践しないと、そのままのあなたです。

 

しかも今回伝える方法は、お金が一切かかりません。

 

本当に効果があり、チョコレートに囲まれる人になるので、危険性を伴ないます。

やる気のない方はここで引き返し、本気で全て実践する気のある方だけ読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレンタインデーに確実にチョコレートをもらう方法

全て試すと、チョコがもらえるようになるどころか、人生が変わります。

 

1.チョコレートに詳しくなる

チョコが欲しいのに、チョコのことを知らないなんておかしな話ですよね。

 

いつでもどこでもチョコについて語れるよう、チョコレートについて詳しくなっておきましょう。自分で調べて勉強する。ということが重要ですが、ここでは特別にチョコレートに関する最低限の知識を記します。

 

 

・ガムと食べると、ガムが溶ける

 

・チョコレートを放置すると脂肪分が分離して白くなる

 

・白くなる現象をファストブレッド現象という

 

・原料のカカオをガーナで収穫している多くの労働者の子ども達は、ほとんどがチョコレートを見たことも食べたこともない

 

・ベルギーでは男女問わず自分専用のチョコレートケースを持っている

 

これくらいの知識はもっている必要性があります。

チョコレートに関する情報がゼロでバレンタインデー当日を迎えるということは、敵の情報を一切知らずして戦いを仕掛け、犬死をする兵士と全く同じだからです。

2.SNSのユーザー名を変更する

SNSのユーザー名はまず他の利用者によく見られる場所です。要するに、アピールする場になり得ます。

ただ普通の名前だけではいけません。名前の後ろに(カカオがとても好き)とつけましょう。

 

ぼくの場合  かずま(カカオがとても好き) こんな具合です。

 

 

アピールするなら(チョコレート好き)とか(甘党)とか書いた方が良いのではと思った方がいるかも知れません。

 

それは考えが甘いです。チョコだけに。

そんなだからチョコレートが貰えないのです。

 

まず、(チョコレート好き)と書くなんてバレンタインデーのチョコが欲しいアピールが露骨すぎます。

陰で「あいつきもいよね」と言われかねません。

 

次に、(甘党)についてです。これは別にいいのですが、女の子にバレンタイン直前に連想してもらうには、少しインパクトが弱いように思います。

 

やはり(カカオがとても好き)がチョコレートを連想しやすく直接的すぎない、

一番良いワードと言えるでしょう。

3.女の子の友人を増やす

当たり前ですが、女の子の友達が多ければ多いほどチョコレートをもらえる可能性はグンとアップします。

 

ハードルが高いかもしれませんが、実は友達、なら簡単です。

チョコが貰えない人は大体が彼女が欲しい、だとかモテたいだとか言います。

 

寝言は寝て言ってください

 

女友達もろくにいないのに、急に無茶な理想は叶いません。段階を踏みましょう。

 

今日から2週に1人、女友達をつくってください

趣味から繋がるのもよし、ご近所づきあいやナンパ等、なんでも大丈夫です

 

これができないと言っているようじゃ、話になりません。

 

「付き合ってください」は無理でも「友達になりましょう」に対して断る人なんて、あなたが相当な悪人面でない限りありえません。

 

2週に1人で、1年後は最低でも女友達が24人はいることになります。

全く不可能な数字ではないと思います。

 

また、継続的な関わりを心がけましょう。2月に突然連絡をよこしてくるようなやつにはチョコは来てくれません。

4.甘い香りを発する

甘い匂いを体に纏っていましょう。ついつい甘いもので連想し、チョコレートを渡したくなるかもしれません。

例えばこれなんてどうでしょう。

 

 チョコレートの香ばしい香りがする香水です。

歩く洋菓子屋さんのような人になり、甘いものをプレゼントしたくなっちゃう男になりましょう。

5.ペットの名前

自分が飼っているペットの名前を「チョコ」にしましょう。

 

「え?ペット買ってるのー?写メ見せて~」

「わ~かわいい~」

「名前なんていうの、チョコ?」

(チョコ・・・チョコ・・・?あ、もうすぐバレンタインだ。)

 

ダイレクトにバレンタインを連想させましょう。

6.グッズ

普段持ち歩く物に、甘いストラップをつけましょう。

甘いグッズを集めましょう。

 これなんて、いかがでしょうか。

食品サンプルストラップ 食べちゃいそうなチョコレート(ナッツ) 076OS

食品サンプルストラップ 食べちゃいそうなチョコレート(ナッツ) 076OS

 

 

 

リプトン スイーツコレクション チョコレート

リプトン スイーツコレクション チョコレート

 

 

 一言も発することなく、甘党認定してもらえます。すごい。

7.お返しの期待度を高めておく

チョコをあげる人には、なにかしらの気持ちが必ずあります。

それは「この人に好意を伝えるきっかけに」だったり「普段仲がいいから友チョコに」だったりと、様々でしょう。

 

その中には、こういう人も少なからずいます。

 

それは、見返りを求める人です。

 

ホワイトデーには必ず良いものをくれる。これが元々わかっていたら、その人にチョコを渡さない理由はありません。

 

なので、公言しておきましょう。

「おれ、ホワイトデーには大奮発しちゃう男だぞ!」と。

8.1月14日を利用する

こんな画期的な方法が今まであったでしょうか。

1月14日、できる限り多くの女性にチョコを配りましょう。それもさりげなく。

 

人は本来、奉仕されるとお返しがしたくなるものではないでしょうか?

 

もちろんチョコレートでなくても構いません。なにか贈り物をしてみましょう。

必ず1か月後にチョコとして帰ってきます。

 

 

1月14日、3月14日を攻略するサンド作戦の効果は絶大です。

 

 

ここまで読んだ優秀なあなたは、2月以外全ての14日に女性に対してチョコを贈るという発想に至ったのでは?素晴らしいです。確率が大幅に上がります。

最後に

8つのステップ、どうでしたでしょうか。

ここまでの情報は本来無料では公開できるものではありませんが、来年から「ふう、今年もか」と感じる男子を減少させたい一心で公開を決断しました。

 

尚、今回の情報を実践したことによるなんらかの変化に対しては、一切責任はとれませんので、あらかじめご了承下さい。

 

 

あなたに、本当のhappyバレンタインが訪れることを、心よりお祈りしています。

 

ではまた!

(読んでくれて本当にありがとうございます・・・)

広告を非表示にする