お、ちっちゃいものブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お、ちっちゃいものブログ

真面目なことや不真面目なことを書きます

忘れ物をなくす方法【万全対策】

 

忘れ物が多い人、物を無くす人って大体決まってませんか?

 

 

 

ぼくがそうです。

 

 

学生の時、新年の目標に「今年は忘れ物10回以内!」

と打ち立てて1月に10回を超えてしまいました。

 

遠征先に携帯と財布を同時に忘れ、友達に迷惑をかけたことがあります。

 

今現在も、県外の飲食店に帽子を忘れて、置いてもらっている状態です。

 

 

 

そうそう、忘れ物をすると、大概他人に迷惑がかかるんです。

忘れ物が習慣化してる人って、他人に迷惑をかけている意識が足りないんです。

 

自分の時間も人の時間も奪う最低人間なんです!

 

=ぼくは最低人間。

 

 

こんにちは、最低人間です。今日はぼくを初めとする世間の最低人間を1人でも減らすべく、思いつく限りの忘れ物対策を考えていこうと思います。

 

もうこれ以上、傘、スマホ、小物をどこかに忘れたくない!!

いろいろ挙げてみる

実際に行動に移せる対策を挙げていこう!

定位置を作る

ものの定位置を作る必要があります。鍵は大体の人が玄関先に置く場所があると思います。ですが、他のものの位置って、決まってますか?

 

例えば、携帯、財布、カバン、リモコンなど。

 

家の中でしっかり自分のものが「帰る場所」を決めてあげることにしましょう。

 

 

再開できなくなる可能性がグンと下がります。

ぼくが、自分の部屋のベッドが落ち着くように、自分のものも落ち着く場所を求めています。

 

スマホがない→ティッシュの箱の中にあった

財布がない→靴箱の中にあった

 

この時ばかりは自分で自分に失望して白目になりました。

 

前日に用意をする

当日ぎりぎりまでぐーたらしてしまう人が、忘れ物が多い人あるあるなのではないでしょうか?

ぼくはこういう場面、とても多いです。

 

母「もう、ちゃんと事前に準備しときなさいっていったでしょうが。」

 

これは100万回聞きました。

 

等身大のラブソング

等身大のラブソング

 

 でもその時のぼくには、ギリギリまであそぶことがずっとずっと大切なことなのでした。

 

事前にすることで、時間に追われていない状態なので、余裕をもって準備を進めることができます。なのでもちろん不備が少なくなります。

車掌さんになる

 

あ、確認をしようということです。

準備おしまい→足りないものはないか確認

場所移動→自分のものがおいてないか確認

 

確認を習慣化させましょう。車掌さん、見たことありますか?

「発車よし!前方よし!」など

1駅ごとに、指さし、声だし確認を徹底しています。

メモをする

忘れそうなこと、ものはメモをすぐに取るというのも1つの手です。

ぼくは、ショッピングモールの駐車場など、広すぎたらメモします。

今度遊ぶとき、あれを持っていきたい!など閃いた時もとりあえずメモします。

 

ColorNoteというメモアプリが便利です。

こんな感じで、チェック表としても活用できるのでおすすめです。

 

メモしたこと自体を忘れる人はお手上げです。

他人に話す

これはぼくがよく使っています。例えば、外出先で車の鍵をしまう時、

 

「ぼく このかぎ このかばんの うちぽけっとにしまう!」

 

と絵本風に一緒にいる人に宣言します。そうすることで、自分への意識付けにもなるし、万が一思い出せなくても、

 

「きみ かぎなら このかばんの うちぽけっとに しまってたよ!」

 

と絵本風に教えてもらうことができます。

この方法はかなり有効です。ほんとに。

便利グッズに頼る

自分の行動に頼るなんてもうムリ・・・死にたい。

という人には生きたくなる便利なアイテムがあります。

個人的に欲しい2つを紹介します。

 

 「キ~ファインダ~!」

説明が書いてありました。

・KEY FINDERはテレビのリモコンや鍵、財布などビープ音で知らせるキーホルダーです。

・リモコンを押すとブザーが鳴って大切な物を見つけてくれます。普段はキーホルダー、いざとなったら発見器!!物をなくしやすいお年寄りへのプレゼントにもお喜び頂けます。

・もし無くしてしまったら、リモコンのボタンを押すだけです!

 

なんて便利なアイテムなんでしょうか!リモコンを押すとキーホルダーからビープ音

がなるなんて、ビープ音聞きたさに欲しい!

リモコンを無くしそうなぼくは、リモコンに取り付ける用のキーファインダーも欲しいので、2つ購入すると万全な体制になれるのかなと思いました。

 

でもそうすると2つ目のリモコン用に3つめのキーファイン

 

2つ目。

MAMORIO BLACK (マモリオ ブラック) 世界最小級の落し物防止タグ 重量3g

MAMORIO BLACK (マモリオ ブラック) 世界最小級の落し物防止タグ 重量3g

 

 「マモリオ~!」

こんな説明があります。

 

・なくすを、なくす。アラートで紛失を防止。MAMORIOはあなたのスマートフォンと同期しあなたの大切な物に取り付けて使用します。手元から離れるとスマートフォンに通知が送られ、紛失した場所も地図で確認することができます。

・みんなで、さがす。クラウドラッキング機能。MAMORIOのアプリを入れているユーザー同士で協力し落し物を探す機能です。オンにすると、他のユーザーが紛失したMAMORIOとすれ違ったとき、その場所をお知らせします。

 

 

そう、これこれ。ぼく、こんな商品あったらいいなと思ってました。

無くした場所を地図表示してくれるアイテム。便利すぎるでしょ。

 

今なら、MAMORIOをここで買ったら、MAMORIOがもうひとつもらえるチケットもついてくるみたいで、これはほんとに要検討。ほしい!

 

 

このような便利アイテムを買うことで、安心するだけじゃなくて、心がけが変わって忘れ物が減る。っていうのにも一役かいそうですね。

是非検討してみてください。

おまけ

過去にSMAPの中居さんが提唱したという探し物が見つかる呪文をご紹介します。その名も「ハサミさん」

 

こっわい。

「ハサミさん」方法

  1. ハサミを手に取って、耳の横まで持ち上げる。
  2. チョキチョキしながら「ハサミさん、ハサミさん、私が探している〇〇〇はどこにありますか?」と問いかける。
  3. 問いかけながら探すと、探し物が見つかります。

 

以上が「ハサミさん」です。ぼくはなんかオカルト臭がして怖いのでやめておきます。

自分で探します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。参考になることが1つでもあれば幸いです。

自分の記憶だけに頼ってはいけません。忘れ物を無くす為の具体的行動

・定位置を決める

・前日に用意をする

・車掌さんになる

・メモをとる

・他人に話す

・便利グッズに頼る

・「ハサミさん」

これらを自分の身につければ、忘れ物の恐怖はなくなります。そして、

冒頭に言った最低人間改め、忘れ物がゼロのスマートなやつになることができます。

 

 

ぼくと一緒に忘れ物ゼロライフを目指しましょう!

他にも、忘れ物対策としてとれるものがあれば、是非教えて頂きたいです。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

ではまた!

広告を非表示にする