お、ちっちゃいものブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お、ちっちゃいものブログ

真面目なことや不真面目なことを書きます

初めてヒッチハイクをした時の話し2

続きです。
kigyou-tyousen.hatenablog.jp


「まあ、高速のらないんだけどね。」



高速乗る人!!を掲げながら話かけに行きまくってたもんだから、てっきり乗るもんだと思っていたぼく。

想定していたインターチェンジを通り越してしまいました。


聞くと、初めて見かけたヒッチハイカーにテンションがあがり、声をかけてしまったということでした。



ファンキーな兄ちゃん達だ…!!
職業は秘密とのこと。


どこにいくの?とか普段なにしてるの?
と聞かれた後は、





下ネタに次ぐ下ネタ。


タイプは?好きなパンツは?
保育士ってエロい?等々


なんだよその質問。
中学生並みの性的好奇心を初対面のぼくにぶつけてきました。
おかげで、ぐっと打ち解けましたが。



掘り下げると、2人してピンサロ帰りだった模様。

そりゃ、こんなトークになるわけだ。


結局、次が探しやすいだろう。という理由で
下道から入れるサービスエリアまで乗せていただきました。
お二人の自宅を40分以上も通り越してもらって、
感謝感激のぼく。



再開を約束し、写真を撮ってお別れしました。

(みかんはお断りされました。)

最後の「一生のお願い」で職業を聞いたら。
がちがちの公務員で爆笑しました。
エロトークすぎて話したくなかったみたい。
色々な意味でありがとうございました!!

2台目探し

さすがサービスエリア、
探すと何台か、静岡ナンバーがあるではないですか!


作戦名
「静岡ナンバーの人が近くにいたら話しかける」決行!

・・・・


・・・・ウソだろ




2台目で成功


満面の笑みと作戦名が効きました。


かっこいいレボーグにのせて頂きました。

自動運転だと・・かっちょいい・・!
なんかボタンも沢山あって男心くすぐられる車でした。


どうやらライブ帰りらしく、実家の静岡に帰る途中だったみたい。

この方、これまたとても優しいお兄さんで、気温の気配りや
座席の角度、音楽の好みまで聞いてくださいました。

なんだかもてそうな兄さんだ・・!

ライブ帰りで実家の静岡に帰る途中だったらしく、


「ライブの余韻に浸りたいですよね!」
「ライブで歌われた曲、聞きましょう!」

と言った所


SKE48

の曲が永遠に流されました。

おお!まさかの!!アイドル!!


アイドルに疎いながらも必死に
アイドルトークに食らいつきました。

沢山現在のアイドルおたく世界について勉強させていただきました。

おたくは生きずらくなってるみたいです。はい。



人生観1割、ぼくの話1割、仕事の話1割、SKE7割
と、普段体験できない有意義な時間がすごせました。


この優しいアイドル追っかけの方、どこまでも優しい。

自分の家を1時間通りこし、

次が拾いやすいでしょ~

と、大きいSAまで運んで頂きました。

お兄さんが記念にと写真を撮ってくれました。


(みかんはお断りされました。)
お兄さん、ありがとうございます。
SKE、きっと聴きます。

3台目

気づけば11時。
さすがに人も少なくなってきました

作戦名



「人が外にいたら話かけてみる」

に変更。


トラックの運ちゃん「ココデ、ネル」
中国のカップル「アシタ、イク」
老夫婦「コレハ、フタリノリ」



と断られ続け凍えていたら、
救世主現るです。



「兄ちゃん、乗る??」

きました、いかついおっちゃん。


どうやら、寒さに凍える困った表情と、ちっちゃいぼうずの一人徘徊が功をなしたようです。


すぐに車に乗り込み出発。

頑張ってたから声をかけたとのこと。

まず、つっこんでいいのかなあ
すぐ気付いて、すぐハッとしました。


おっちゃんの手の甲、すげえ血い流れておるぞ!!


いやいや、こわいでしょ!
すぐ聞いてしまいました。


なんのためらいもなく、
沢山話を聞かせてくれました。
このおっちゃんはさすがぼくの倍生きています。
経験が違いました。
おっちゃんも、話相手が欲しかったのかな。



生きるってのは、新しいことの連続だ。

みんな、色々なことを思い
みんな、色々な事情を抱え、

生きているんだなあ。


そんなことをしみじみ思っていると、
ぼくが今居る場所は、




仲間が泊まる宿の前。




おっちゃんは、わざわざ高速を一旦降り、
遠回りをしてぼくの目的地まで送ってくれました。

「がんばれよー!」

と言い残しおっちゃんは関東へ帰りました。
(あ、みかん、忘れてた)

ぼくの初ヒッチハイクはこんな感じで、いつの間にか終わっていました。


深夜0時10分、ぼくは目的地に到着しました。

まとめ

http://4.bp.blogspot.com/-z3-24K8-4xM/UxbLvMx0pKI/AAAAAAAAeDg/ZeRLe4amsBk/s250/happy_man1.png
20時

http://2.bp.blogspot.com/-IR8W2c06EMw/UxbLxVncMfI/AAAAAAAAeEI/0k1uYtqBfO8/s250/happy_man6.png
0時


約4時間で到着してしまいました。


理由は、乗せてくれた全員が、ぼくの先のことを考えてくれ、自分の時間を削って遠回りしてくれたから。


優しさにつつまれたわけです。



朝到着を覚悟していたぼくは、拍子抜けな部分もありました。
でも、こんなに濃い4時間は初めてだったかもしれません。


新しいことにチャレンジをすることは、とてもわくわくすることだと、改めて感じました。


普段なにもしないぼくは、
やればなんでもできるもんだな。
とも感じました。


当初の目標、自信がついたかは、なんとも言えませんが、
どんどん「挑戦」をしていく機会を増やしていこうと自分に誓ったのでした。


乗せてくれた方には、連絡先を聞いていたので、
到着報告と感謝を伝えると、
個々から温かいメッセージを頂きました。

それから、人に一層優しくしようと思ったのでした。



もし、あなたがヒッチしてみようか迷っている人なら絶対やってみた方がいいですよー!

ぼくが書いた今回のヒッチは、運が良すぎたかも知れませんが。

どんな体験にせよ、絶対自分にとってプラスになると思います!!


次は、少し距離を伸ばしてまた挑戦したいです。

おまけ

余裕で間に合ったアルティメットの大会は、
富士山きれい、お外で鍋、白熱した試合と、
かなり楽しかったです。

いい思い出、たくさん。いいね。
おわり。
ではまたっ!

広告を非表示にする